肩や肘を痛めたプロ野球の投手が、右肘を手術後に投球フォームの矯正にこのトレーニングボールを取り入れて、1シーズンを乗り切って最多勝の活躍を果たしました。
その投手は主に、肘の位置を高く保つ目的で使っていたようです。
一般に、アメフトのボールを正しい回転でスローイングできるフォームが「理にかなっている」という話にもあるように、正しい投球時のリリースをマスターするのにうってつけです。
ちゃんと投げないとまっすぐ飛ばないので、すぐにフォームの確認ができます。